« 買い出し | トップページ | ホームページ21周年 »

2022年1月 6日 (木)

新年早々の遠征

C2021a1_tv15s_1600iso_f45_2022010317h51m
年が明けました。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は実家に行っていましたが、喪中につき今年もお参りには行けませんでした。もう何年行ってないんだ?

そんな特別感の無い中ですが、この休みを使わせてもらって、3日から4日にかけて遠征してまいりました。行先は先月同様九十九谷展望公園です。家事の穴を最小限にするにはここしかありません。

先月もたついたことを反省材料に、今回は4時前には現地到着しました。同業者さんはいらっしゃいません。前回同様の場所に陣取って、機材を組み始めます。

今回は前回使った大砲は使わず、以下の2セットにしました。
1.FC50+76Dレデューサー+ASI2600MCP+LPS-D2+NJP-Temma2
2.EF70-200mmF4ISUSM+KissX9i(HKIR)+LPS-D1
 +Tamron28-75mmF2.8+EOS40D SEOSP4+EM10B(K-astec改)

本当は軽い2セットで行きたかったのですが、自動導入がないと何もできない軟弱者と化してしまったので、NJPを引っ張り出しました。

日没までには小セットの方はおよそ出来上がったので、まずは無理を承知でレナード彗星を望遠レンズで狙ってみました。最初は200mmで狙って試写してみたのですが、それらしき姿はありません。仕方ないので70mmに落として撮ったのが1枚目の写真です。かろうじて彗星?というものはわかったのですが、それ以上はやっぱり無理でした。この頃には何組か彗星狙いの同業者さんがいらしていました。

すっかり薄明も終わり、大セットも進めます。ほどなくしてだぼさんがご到着されました。ほぼ組み終わり、後はセッティング・・・が!今回も問題が発生します。自動導入の設定をすべく、赤道儀の電源を入れたところ、なんかいつもと音が違う?ん???電源を落としてもう一度入れると・・・モーター暴走!!!慌てて電源を切るの繰り返し状態に。さーどうする???おかしいぞ!壊れたか???プチパニックに陥ります。が、このままでは2つとも没ってしまうので、気を取り直して大セットは置いといて、小セットをセッティング。撮影をスタートさせます。

EF70-200mmF4ISUSM 第1対象:Sh2-264エンゼルフィッシュ星雲
Sh2264_ef70200mmf4kissx9id1_20220103
100mmF5.6 ISO1600 180sec×60

思ったより淡いので現地では確認できませんでしたが、最低限は写ってくれたような気がします。十数年前にフィルムで撮った時を超えたかったのですが、写り的には無理でした。

ここで同時にEOS40Dでオリオン座を撮りたかったのですが、こちらもトラブル発生!シャッターが降りなくなってしまい撮れませんでした。第1対象終了後、電池をDC-DCから電池に交換して臨みました。

小セット撮影中、大セットについて落ち着いて考えます。そして前回と違うところはどこか、冷静に考えた結果、オートガイダーの端子にK光機のアダプターを使っていることに気が付きました。製品として売っている物なので疑いもしなかったのですが、試しにこれを抜いて電源を入れると、あ~ら不思議!!元に戻ったではありませんか!!どうも犯人はコイツだったようです。前回はうまくいかなかった、TemmaーRJ11コードとオートガイダーのコードRJ11を延長BOX(ストレート)で繋いだところ、うまく繋がりました。前回は何でダメだったのか???

何はともあれやっと大セットに目処が付きました。でもすでに21時。まずおうし座方面を狙いたかったのですが、これはあきらめ、次に向かいました。

FC50+76Dレデューサー 第1対象:NGC2170付近
Ngc2170_fc5076drdasi260mcpd2_20220103
Gain0 Offset50 300sec×40

いっかくじゅう座のオリオン座境界付近にある、冬のカラフルタウンとよばれる領域があるのを知り、自分で撮れるのか試してみました。結果は、焦点距離が短すぎてもう少し長焦点が必要なのと、かなり淡くてなかなかカラフルタウンとは呼べない、ということが分かりました。いいお勉強になりました。 

やっと落ち着いてきたので、今回もタイムラプスもどきをやってみました。今回はBGMもいれてみましたよ。
https://www.youtube.com/watch?v=6tfnIbve8zQ

夜半近くなり、小セットは第2対象突入です。

EF70-200mmF4ISUSM 第2対象:IC2177わし星雲付近
Ic2177_ef70200mmf4kissx9id1_20220103
135mmF5.6 ISO1600 180sec×43

途中から風が強くなってきてしまい、風をもらって1/3近くはボツになってしまいました。現地ではそれなりに写ってるかな?と思ったのですが、いざ処理してみると、あまり淡い部分は写りこんでいなくてちょっとがっかりしました。

一方のEOS40Dの方は、電池に替えてシャッターは切れて撮影は出来たのですが、西に傾いたオリオン座は光害をもろに食らってしまったようで、残念ながら作品化は断念しました。無念です!

程なくして大セットも第2対象に突入です。

FC50+76Dレデューサー 第2対象:IC2177わし星雲
Ic2177_fc5076drdasi260mcpd2_20220103
Gain0 Offset50 300sec×37

おうし座方面をリベンジしたかったのですが、大分西に傾いてしまったので断念し、わし星雲を狙いました。風の影響がどうかと思ったのですが、流石NJP赤道儀!重いだけあって頑丈!!ボツは3コマだけでした。写りはまずまずかな?といった感じです。冷却カメラ最高ですね!!

その後、風がかなり強まってきてしまったので、小セットはあきらめ撤収、大セットは短時間ながら第3対象突入しました。

FC50+76Dレデューサー 第3対象:NGC5128ケンタウルス座A
Ngc5128_fc5076drdasi260mcpd2_20220103
Gain0 Offset50 300sec×9

南中高度が低くて今までまともに撮れたことがなかったケンタウルス座A電波銀河です。小さいですが、初めてしっかり撮ることができました。今度はω星団もチャレンジしてみたい!!

今回は若干軽装備だったこともあり、6時半過ぎには撤収も完了し帰途につき、8時過ぎには帰還しました。今回もバタバタしてしまって、風が強かったのもありますが、天気が問題なかっただけに少々残念な結果となりましたが、成果もあったのでまあ良しとしましょう。

最後につまらぬ話に付き合ってくださっただぼさん、誠にありがとうございました。

| |

« 買い出し | トップページ | ホームページ21周年 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買い出し | トップページ | ホームページ21周年 »