« オートストレッチ | トップページ | 王道巡り »

2021年10月 6日 (水)

やっと晴れたぞ!

Img_20211003_171021_1 皆さん、こんばんは。

やっとこさ、新月期の晴れがやってまいりました。自宅ではありますが、出動であります。今回はにわか雨がなさそうな日曜日~火曜日に機材を据えました。

今回は目的がありました。こんな都会でも、青系統の星雲は写ってくれるのか?試してみることにしました。

機材はFS128+76Dレデューサーをチョイス。風が強くなさそうだったので、赤道儀はEM10Bと明らかなる過積載仕様です(^^;。

日曜日、天気予報は曇りベース、だったのですが、夜になっても曇りそうにありません。

なら!ということで、途中から曇り玉砕覚悟の上で、第一対象いっちゃいました!

Ngc7023_fs128asi2600mcpd2_20211003 第一対象は、ケフェウス座にあるNGC7023アイリス星雲です。これ、一度撮ってみたいと思っていたのですが、なんだかんだ言って今回お初でございました。

本当は18時半過ぎから撮りたかったのですが、三脚にカメラが当たるという状況で、1時間待って19時半くらいからスタートをかけました。

我が家では19時半過ぎから21時過ぎまでは風呂、夕食タイムで望遠鏡は放置せざるを得ないので、300sec×50コマコースで撮影をスタートさせて放置状態にしました。

21時過ぎ見に行ってみると、やはり雲の通過があったようでした。天候はまだ大丈夫だったので、一度停めて、仕切り直して撮り増しを始め、最終的には40コマ稼ぐことに成功しました。

結果は上の通りです。写りました!ただ、この領域は分子雲が周りをうねっているので、それが写らないと多分作品としてはダメだと思います。ただ、分子雲は淡く、とてもではないですが、ここでは多分無理。だからとりあえずこれでいいのです。機会が出来たら再挑戦すればいいだけの話です。

DATA:300sec×40

第二対象ですが、天気がまだ行けそうな感じだったので、南に振って、くじら座のNGC247系外星雲を狙ったのですが、残念ながら、途中で曇られてしまったのと、光害をもらってしまっていて作品にはなりませんでした。

この日はスカイフラットを撮って終了しました。

翌晩、予報的には一晩いけるかも?と思っていたのですが、夕方より見事に曇られてしまいました。21時過ぎに見に行っても様子は変わらないので、ちょくちょく見に上がる合間に仮眠を取りました。

0時くらい、見に上がると晴れていました。薄明は4時15分くらい。光害を勘案すれば4時半くらいまでは引っ張れそうです。

M45_fs12876drdd2asi2600mcp_20211004a 第一対象は、M45プレアデス星団にしました。自宅では撮れないと思っていたので、久しぶりの撮影です。

普通の対象なら撮って出しを見ても、写ってるの???なのですが、これはよく見えます。もちろん星だけですが(爆)。

大分高度も上がっていたので、2時間コースにしました。本当はもう少し撮りたかったのですが、やはりカメラが三脚にぶつかりそうだったので。

DATA:300sec×24

結果、もちろん淡い部分までは写りませんでしたが、明るい星雲部分までは写ってくれました。やってみるものですね。

M42_fs12876drdd2asi2600mcp_20211004 さて、時間は2時半。もう一対象行けそうです。となれば、短時間で写せるあれです。王道M42オリオン大星雲です。第二対象に決定です。

多重露出が面倒でしたが、最低限トラペジウムのコマがあればいいやということで、5secと300secを撮ることにしました。

DATA:5sec×20+300sec×20

結果、トラペジウムはどこへ?になってしまいましたが、まあまあそれなりのM42にはなったのかな?と思います。もちろん周辺の淡い星雲までは写せませんでしたが、それはまあ仕方ないですね。

それにしても、やっぱりカメラの恩恵でしょうか?表現力がイチデジにはないものがあるような気がします。やはり私自身も本気出して遠征してカメラの本気を引き出さねばなりませんね。

-共通データ-

FS128+76Dレデューサー+ASI2600MCP+LPS-D2

EM10B-MTS-3SDI++QHYminiscope+QHY5Ⅲ290C

Gain100 Offset15 -5℃

| |

« オートストレッチ | トップページ | 王道巡り »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オートストレッチ | トップページ | 王道巡り »