« 清見オレンジ収穫(備忘録) | トップページ | ASI2600MC Proファーストライト »

2020年12月31日 (木)

禁断の果実に・・・

Img_5569_1 昨晩、我が家にとある荷物が届きました。

年も押し迫ってなのですが、ついに禁断の果実に手を出してしまいました。

冷却CMOSカメラ、ZWO ASI2600MC Proです。年末セールに我慢がなりませんでした。先日も書いたのですが、KissX9iを使いだして、もうノイズ地獄の40DやKiss-DXには戻りたくない、という思いも我慢崩壊に加担しました。

こういうカメラ、扱うのは当然初めてなわけですが、第一印象は、結構デカいな!重いな!でした。でもカメラ1台ですから、そのくらいの重さは当たり前なのかもしれませんね。

Img_5572_1 すぐに使えるかどうかはわかりませんが、素人なりにご報告させていただければと思っています。

制御ソフトは、ZWOのディスクにはSharpCapが入っているようですし、QHY5Ⅲ-290CもSharpCapを使っていましたので、素直に行けばそれなのでしょうが、何せみな横文字なので、訳が分からないのであります。でもって、ネットで調べていたら、「NINA」というフリーソフトが日本語化できるみたいで、使っていらっしゃる方も結構いらっしゃるみたいなので、使ってみようかな?と思っています。まぁ、気長にやろうかな、と思っております。

これで、カメラは完全に代替わりしました。しばらくはこの2台を使っていくことになります。あとは精進して作品のランクをステップアップできるよう頑張るしかありませんね。

Img_5567_1 あと、ガイドスコープも1台買い足しました。QHYのミニガイドスコープです。少々割高ではありますが、手持ちのQHYのカメラがねじ込めて、撓みを最小限にできるのに期待してこれに決めました。段ボールでフードを作らなくちゃな・・・。

あと、LPS-D2フィルターも発注したのですが、入荷待ちとのことなので、こちらも気長に待ちたいと思います。

| |

« 清見オレンジ収穫(備忘録) | トップページ | ASI2600MC Proファーストライト »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清見オレンジ収穫(備忘録) | トップページ | ASI2600MC Proファーストライト »