« 1日遅れの木星・土星 | トップページ | 清見オレンジ収穫(備忘録) »

2020年12月26日 (土)

1年の振り返り

Img_5170_1 今年も何だかんだであと数日となりました。

今年はコロナに始まりコロナに終わる、というくらいコロナウィルスに振り回された1年であったと思います。そしてまだ来年も続いていきます。少しでも早い終息を願わずにはいられません。

でもって、毎年恒例ではありますが、1年を振り返ってみようと思います。

まずは遠征回数、2月、3月と連続で荒木根に出かけましたが、それ以降は理由がありまして行くことはありませんでした。

その代わりというわけではありませんが、今年は結構な回数、庭撮りをした年ではなかったかと思います。

そうなった理由は、多分これにあると思います。それは、今年は結構機材の補充を行った年ではなかったかと思います。

--カメラの主役交代--

今年は相次いでカメラを交代しました。

まずは、一般撮影用のEOS 50Dを60D(中古)に交代しました。これは、星景にも使っていたのですが、50Dのノイズが我慢ならずに、当時ですが評判の良かった60Dにしたというものです。遠征でやはり交代させて良かったと実感しました。

次に、これが大きかったですが、改造カメラ、KissX9i(HKIR)を新品購入しました。実に購入は8年ぶりのことです。2,3月の遠征の成果を画像処理していて、もうカメラの限界を感じてしまったのが、購入の理由でした。購入後、庭撮りでしか使っていないので、本当の実力はまだわからないのですが、ノイズの少なさは圧倒的で、庭撮りでも画像処理が心なしか楽になったような気がします。ただ、これに慣れてしまったおかげで、今までの2台を使う気が起きなくなってしまったのも事実で、どうしたものかな?といったところです。

--RC専用のレデューサー--

今年、ついにRC専用のレデューサーを購入しました。笠井トレーディングで発売の0.75×レデューサー・フラットナーです。所有のRCにも適用できるとあったものの、接眼部をBORG仕様にしてしまったので、取り付け方がわからずに二の足を踏んでいました。ただ、とある理由から付け方がわかったので、購入に踏み切りました。これで、遠征で2台出ししても、タカハシのレデューサーを取り合わずに済みます。

性能については、庭撮りで使った限りですが、どうもゴーストには弱そうな感じです。星像も若干甘めのような感じがしています。この辺はタカハシのレデューサーに分がありそうです。あと、最近気が付いたのは、庭撮りで強引に対象を引っ張り出そうとすると、APS-Cの最外径付近に天使の輪が出てくることが分かってきたことです。90%くらいにトリミングすればほぼ気にはなりませんが、遠征しても出るようなら、これは注意しなくてはならない事項です。

--ミニガイドスコープ--

遠征でRC+レデューサーで撮影をした際、NJPの標準ウェイトではバランスが取れずに、バランスウェイト軸の延長筒を購入してしのいでいたのですが、ガイド鏡の接眼部が弱いとご指摘をいただき、購入を決めたのがミニガイドスコープです。私は一番安価なSVBONYのSV165を購入しました。それに伴い、取り付けにアルカスイス規格の雲台を買い込んで使うようになりました。

銀塩をやっている頃では、1000mm以上を120mmとかの短焦点で追いかけることなんて考えられませんでしたが、カメラがデジタルに変わって、短時間×枚数というスタイルが可能になった今、必ずしもオフアキが必要になることもなくなりました。実際、5分までは十分点像になることはわかったので、機材軽減に一役買っている感じです。

--アルカスイス規格の雲台--

今、書きましたが、ミニガイドスコープがどの望遠鏡にも使えるように、各望遠鏡に1台ずつアルカスイス規格の雲台をつけることにしました。

----

このような感じで、資本が少ない中、半ば自転車操業状態で、来るべき遠征に向けて準備を進めた年という感じがします。

予定は未定ですが、来年はある時期からは遠征できるかな?と思っているので、色々楽しみではあります。

----

天文以外では、仕事も今のテレワークを始めてもうすぐ丸5年になります。大分量的にも質的にも求められるものが多くなってきましたが、極力ペースを守って、息の長い仕事ができるように努めたいと思います。一級建築士と構造設計一級建築士の更新は無事終えたので、3年間は安泰です。

園芸は、新築当初から植えてもらっていたモミジの木が7年目にして枯れてしまったようで少々悲しいです。また、固まる土を購入して雑草の根絶を狙いましたが、さすが雑草は強い!割れ目という割れ目からバンバン生えてきます。何もないよりはまだましですが、あと何年もつことやら・・・。あと、来年からサツマイモを育てるのはもうやめようかと思っています。ほとんど成果が出ません。うちのような浅い土壌には向かないのかもしれません。代わりに何か植えるかは思案中です。

----

さて、来年、どんな年になるのでしょうか。一応オリンピックの年だそうですが、本当に開催できるんだろうか?

コロナ禍もいつまで続くのでしょうね。ワクチンがいきわたって早く終息して欲しいですね!

私個人としては、多くを望まず、とにかく現状維持、でいきたいと思います。

 

| |

« 1日遅れの木星・土星 | トップページ | 清見オレンジ収穫(備忘録) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1日遅れの木星・土星 | トップページ | 清見オレンジ収穫(備忘録) »