« 庭撮り | トップページ | IDAS-NB1フィルター »

2020年5月 1日 (金)

庭撮り2晩

Dsc_0554_1 ステイホーム週間ですね。こんな時に限ってお天気がやってくる・・・そんなもんですね。先日は系外星雲と惑星状星雲で試したkiss-X9i。やはり試したくなるのが散光星雲です。はい。光害地からは苦手この上ないのですが、遠征するわけにもいきませんので、今日も今日とて庭撮りにいそしみます。

先日はフィルターにCLS-CCDを選びましたが、やはりカラーバランスを考えるとLPS-D1。ということで、今回はLPS-D1でチャレンジで・・・あれ?問題発生、というか超初歩的ミスに気づいてしまった・・・LPS-D1フィルターはEOS用です。でも、kissでも使えると疑ってもいなかったのですが(現にCLS-CCDは兼用)、え???違うの???はまらない(爆)。ということで、ひとつお利口になりました(大爆)。これは、日常使いの光害カットフィルターを調達しなくてはいけません。また出費か(涙)。

まてよ?kiss-DXに使ってたLPS-P2の円形フィルターがあるじゃん!あーよかった・・・あれ?(汗)はまるけど留まらずに落ちるぞ!!微妙にX9iの方が枠が大きいのか、DXで留まったフィルターが留まりません。詰みました。出費決定です(泣)。

ということで、フィルターはCLS-CCDしか選択がなくなりました。仕方がありません。機材ですが、今回は夏の散光星雲狙いということで、FS128+76Dレデューサーの組み合わせにしました。

M4_iso200_180sec_n20_si8_1_gen このセットはちゃちゃっと組みあがるので、明るいうちにフラットを撮影しました。が、後々わかることですが、ここから問題が持ち上がります。

この晩の一対象目はM4球状星団にしたのですが、風は穏やかなのですが、とにかく透明度が悪すぎ!!ISO400でも3分で真っ白!最悪です。仕方がないので、ISO200まで落として3分かけました。ところがここで何か違和感が・・・。

何も遮るものがないのに何か影があるような・・・。時間も時間なので、20コマ撮って次に行ったのですが、後で画像処理したところ・・・やっぱりありました、影。

動いていないので雲ではないです。オフアキのミラー?いや、ミラー切れがないことはかつて確認しています。正直はっきり原因はわからないのですが、低空かつマンションの廊下灯が多々あることから、これが影響していたのかもしれません。いずれにしてもこの対象はボツです(涙)。

Flatmono_iso800_1_200sec_n20 何となくもやもやした中、二対象目、M16イーグル星雲に望遠鏡を向けました。この頃には若干透明度が回復してきたので、ISO400に上げて3分50コマ撮りました。ガイドはそこそこ暴れますが、いつものこと。気にせず撮影は終了。しかし、この日の夕方、問題は持ち上がります。画像処理をしようとフラットを画像処理したのですが、出来上がったフラットが何かおかしい。何かにケラレている。

Flat_mono_iso400_60sec_n10 たまたまではあるのですが、好天が続きそうで、機材はそのままにしていたので、仕方がなく、夜を待って、スカイフラットで撮りなおしました。今度はそれなりのイメージ。画像処理後もこんな感じで、これを使うことにしました。

M16_fs128nc76drd_20200429a で、仕上げたのがこれなのですが、一見写っているのですが、何かおかしい。イーグルの右の翼が写りこんでいない・・・せっかく期待していたのですが、非常に残念な結果となってしまいました。

FS128+76DRD+kiss-X9i(HKIR)HKIR+CLS-CCD
ISO400 180secx50

そんなこんなをやっているうちに月が傾いてきたので、まずは、昨晩のリベンジとしてM4を撮り始めたのですが・・・やっぱり影が出る。おかしい。そこでフードを取り付け、最大限延ばして撮ると・・・消えた感じになりました。よしこれでOK!といきたかったのですが、二晩目はなんと強風が不定期に吹いてくる悪条件。結果、4コマだけ撮ったのですが、流れてるわ、影は完全に消えていないわ、これまたボツと相成りました。

M17_fs128nc76drd_20200430a 次はM17オメガ星雲を狙いました。風は収まって欲しかったのですが、その気配もなく・・・コマ数稼いで使える分だけ使おう戦法。

でもって結果は・・・54コマ中27コマ!打席5割!すごい!わけないじゃん(爆)。速攻で仕上げましたが、ん~・・・対象は写ってはいるので、星雲の表現に苦労はしなかったのですが・・・何か周りを含めた立体感に欠ける作品になってしまいました。

ISO400 180secx27

カメラについてですが、やはりノイズ少ないですし、Hα領域の写りも満足です。とりあえず、テストはもういいので、本当の意味での実践投入がしたいですね。それには世の中の騒動が収まらなくては・・・。

| |

« 庭撮り | トップページ | IDAS-NB1フィルター »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭撮り | トップページ | IDAS-NB1フィルター »