« センスないなぁ~ | トップページ | ジャンプスターター購入 »

2020年1月14日 (火)

50Dから60Dへ

Imgp4280_1 今更、本当に今更なのではありますが、一般撮り&星景用カメラであった、EOS50Dに別れを告げ、EOS60Dに交代してもらいました。

なぜに今更60Dなのか、それは当時の対天体に対する評判、そして現状の自分の財力からです。それは70D、80Dにしたかったですが、財力的に無理でした。

では、なぜに今更OLDからOLDへの交代なのか。これは、数年前、50Dを中古購入した時からずっと思っていたことなのですが、この50D、ショット数も少なく、状態もいい、使い勝手もいい、重厚感もある、自分にはもったいないくらいのカメラでありました。ですが、ただ一点、どうしても我慢できないところがありました。

_mg_0875_blog それが、星景写真を撮った時のランダムに出る赤い縞状のノイズです。これがダークを引いてもどうしても消えないんです。今までは画像処理で分かりにくいように隠してきたのですが、今回の年始の撮影結果で、いい加減我慢ならなくなりました。左の写真を見ていただけるとお分かりになると思います。少し強調しましたが。

それまでは、カメラを選択したのは自分だし、中古でもそれなりに投資したし、自分の星景の作品なんてたかが知れてるので、さらなる買い替えなんて考えられなかったのですが、それももういいかな、我慢しなくてもいいかな、と。中古市場を見ると、当時評判の良かった後継機種60Dなら手の届く金額になっていました。それは、その上の70Dや80Dが欲しくないわけはなかったのですが、手が届きそうになかったのであきらめ、60Dでそこそこ程度のよさそうなもので手を打ちました。kissシリーズも考えたのですが、普段撮りメインなので、いろいろできるDシリーズの方がよかったわけで・・・。

60Dからはバッテリーが変わり、記録媒体もSDカードへと変わり、タイマーコントローラーもピンジャックが変わったので、それぞれ買い替え、そこそこの負担になりましたが、それは仕方ありません。

幸いにも、やってきた60Dはとてもきれいで、ショット数も約5000枚と程度は良さそうです。どのくらいになるかわかりませんが、普通にカメラが買えるまで、なんとか頑張って使えて欲しいところです。

それにしても、うちのカメラたちはあと何年もってくれるんだろう・・・恐怖だ。

| |

« センスないなぁ~ | トップページ | ジャンプスターター購入 »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センスないなぁ~ | トップページ | ジャンプスターター購入 »