« 今年はキタアカリ | トップページ | 相変わらずの再処理 »

2019年3月11日 (月)

スキー&遠征

_mg_0144金曜日の夜から日曜日にかけて、いつものサンメドウズ清里にスキーに出かけました。今回は妻が都合がつかず、子供2人連れての初の3人旅です。

当然ではありますが、金曜の夜からとあるように、天候さえよければ天体撮影をする気満々でありました。

当初の予報ではあまり良い天候は期待できなかったのですが、いつしか好天に変わり、木曜夜~金曜夜のピンポイントになりました。俄然やる気が出ます。

今回は現地到着が2時くらいになりそうなので、昇ってくる夏の天の川一発勝負ということで、望遠鏡はFC50のセット、あとは広角レンズとPENTAX67のセットをチョイスしました。それでも後部座席が子供らがいるので使えず、後ろが見えないほどの満載状態になりました。

さて、子供らをせかして家を出たのが22時過ぎ、途中、翌朝の朝食の買い出しと休憩を取りましたが、現地には1時半前には到着しました。3時間ちょっと、さすが夜は早いです。予想はしていましたが、スキー場はライトがついていたので、少しふもとの美し森駐車場で撮ることにしました。
Sco_tokina18mm_300sec_n12_2019_03_0勝負は3時からの1時間半、それまでに準備しなくてはいけません。最初にFC50+EM10Bのセット、次にカメラ2台用のSPACEBOY、とすんなりいけば・・・と途中まではそれなりに組めていたのですが、またもやトラブル発生です。FC50用のカメラ、EOS40Dのシャッターが閉じません。今回は電源はきていました。シャッターも切れました。でも閉じようとしたらエラー・・・参りました。
そうこうしているうちに、3時が近づきます。FC50はちょっと置いといて、カメラ2台の方を先にシャッターを切りました。狙いは当然銀河系中心部です。そしてFC50に戻って、カメラはもつかは賭けでしたがバッテリーに交換して事なきを得ました。ピントを合わせ、目標導入、目標は三裂星雲と干潟星雲のセットです。

M8m20_fc5076drd_2019_03_08試写をして位置調整、で、空を見上げると、あれ~!!薄雲に覆われてるじゃん!!なんと、八ヶ岳からの雲が下りてきているではありませんか。カメラ2台の方を一旦中断。万事休すか、でも雲の動きは意外と早かった。しばらくするとまた晴れてきました。

安堵して、FC50のシャッターを切ります。カメラ2台の方も改めてシャッターを切りました。

で、1コマ目がPCに転送、確認して気が付いた。構図がずれてる・・・もっと中心を右にするつもりだったのに、慌てていて中心を見誤りました。でももう3時半をとうに超えています。今更後戻りはできないので、そのまま撮り続けました。

1枚目:銀河系中心部 tokina18mm 5min×12

2枚目:三裂星雲・干潟星雲 FC50+76DRD 5min×12

結果、釣果ゼロにはなりませんでしたが、なんとも中途半端な釣果となってしまいました。

冒頭のピンボケ写真ですが、撮影の間、暇してたので、残りのカメラで撮影風景をと思ったのですが、このカメラのレンズ、距離目盛がないタイプなので、無限遠がわかりません。何枚か試したのですが、全然ダメ。目盛のあるレンズ、もう1本欲しいな・・・。

今回の気温は約-8度でした。撤収の時は特に堪えました。

30分くらい仮眠して子供らとスキー。これも堪えました(笑)。

さて、今回はこれで終わりではありません。かつてよくお世話になったスター☆パーティーさんにお世話になることにしていました。もちろん、晴れたら撮影するつもりで・・・。しかし、夕方から薄雲があちらこちらに出てきてしまいました。GPVの予報よりは雲量少なめでしたけど。・・・気持ちが切れました。体力的にも限界。とても2晩徹夜はできそうにありません。

ということで、機材のセットは早々に諦め、宿の40cm望遠鏡を数回覗かせていただいて、娘とともに早々に沈没しました。朝起きたら晴れ・・・天気もったみたいです。まあ、そんなもんですね。それにしても今回宿泊された皆さんは行動力がすごくて、皆さん外に出て写真を撮られていました。息子もその中に紛れて思い思いに撮っていたみたいです。

こうして休養十分になった私たちは家路についたのでした。

--追記--

M8m20_fc5076drd_2019_03_08_6x7

2枚目の写真、本当はこういうバランスで撮りたかった・・・。

| |

« 今年はキタアカリ | トップページ | 相変わらずの再処理 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年はキタアカリ | トップページ | 相変わらずの再処理 »