« ブツは揃った、あとは結果あるのみ・・・ | トップページ | オフアキシス成功 »

2018年5月 6日 (日)

今更気がついた画像処理方法

Scoup_ef70mmf56_1_3先日、左のさそり座頭部をいじっていて、今更のようにある画像方法で星雲だけ強調できることに気がつきました。以前天文ガイドでも紹介されていたAstronomy ToolsというソフトをPhotoshop上で使います。

私の作品はどれもこれも元ネタがド素人級なので、星雲などの淡い部分をトーンで強調すると、星までもが強調されすぎてどうにもならないものばかりでした。

Scoup_ef70mmf56_2それでも、毎回のように悪あがきをしていて、今回も同じように悪あがいていたわけですが、ひょんなことからAstronomy Toolsをもう一度見直していて、ある機能に気がつきました。「Select Brighter Stars」です。

天ガをひっくり返して読むと、画像から星だけを選択できるとあり、更に選択範囲を反転させれば星だけ消すことが出来るとありました。もしかして、これって星マスクとかいうやつ?

Scoup_ef70mmf56_3_2早速、以下の順番で試しに画像処理してみることにしました。

1.①の元画像をコピーして、「Select Brighter Stars」を選択、反転して②の画像を得る。

2.②の画像をトーンで星雲強調する。→③画像

3.③の画像と①の画像を比較(明)で合成する。→④の画像を得る。

Scoup_ef70mmf56_4④の画像は最終形ではないのですが、明らかに①の元画像より華やかになったような気がします。星も若干肥大はしているかもしれませんが、①を単純にトーンで持ち上げるよりは、はるかに良いかなと思っています。

その後、色々と試してみましたが、万能とはいかないものの、うまくいった例が多かったです。プリントまではしていないので、どこまで使える方法かどうかはわかりませんが、Web上の閲覧レベルでは結構使えるかな?と。

以上、ド素人のこんなこと気がつきました報告でした。

| |

« ブツは揃った、あとは結果あるのみ・・・ | トップページ | オフアキシス成功 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブツは揃った、あとは結果あるのみ・・・ | トップページ | オフアキシス成功 »