« 青ハロの話(え~っ、いまさらぁ~) | トップページ | FC50+RD テスト撮影 »

2017年4月 9日 (日)

FC50撮影システム構築

Fc5076drd前回記事にした青ハロの問題。主たる原因は恐らくBORGのスーパーレデューサー。これに代わる機材はデジタル対応のレデューサー、ということで、意を決して先日、タカハシ76Dレデューサーを購入しました。これとFC50を使って、新たに短焦点撮影システムを構築しました。

名前の通りFC76系用のレデューサーをFC50につけようとするのでそのままでは付きません。

Fc5076drd_2そこで、BORGのリング群とコスモ工房さんにお願いしたリング(赤字)を写真のように組み合わせました。無事ピントも繰り出し2~3mmで合焦してくれました。

天候と仕事の休みが合わずにまだ試写は出来ていませんが、ほぼ同じシステムで成功されている方をWebで見つけたので問題ないと信じています。試写ができたらまた公開したいと思います。

またその際は、FC76でもチェックすることはもちろんのこと、いずれは多分誰もやってはいないでしょうが、FS128にもつけて試してみたいと思います。撮るカメラがAPS-Cサイズですから、もしかして・・・などと欲張りな期待をしています。

|

« 青ハロの話(え~っ、いまさらぁ~) | トップページ | FC50+RD テスト撮影 »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青ハロの話(え~っ、いまさらぁ~) | トップページ | FC50+RD テスト撮影 »