« 星撮り&スキー遠征、再び | トップページ

2017年3月12日 (日)

青ハロの話(え~っ、いまさらぁ~)

Ic1396_fc76nc_170224先日、構図はずれちゃいましたけどそこそこ撮れましたよーと公開したこの写真。

FC76+BORGスーパーレデューサーという銀塩花ざかりの頃のシステムで撮ったものなのですが、多分バレバレですよね。

はい、とある画像処理であるものを消してわかりにくくしているのです。

それは・・・

Ic1396_fc76nc_170224genこの盛大な青ハロであります。出るであろうことは知っていました。なにせ、この話題はもう数年前からWeb上に上がっているのですから。

まったく時代遅れも甚だしいですね。

で、毎回遠征してもこれではどうしようもないので、方策を考えています。

ネットサーフィンで手に入れた情報では、高価ですが、やはりタカハシ純正のレデューサー76Dが良さそうです。これならうまくいくとFC50にも使えるかもしれません。ただ問題は、レンズはタカハシなのですが、鏡筒はBORG115φなので、M57オス→M56オス変換アダプターをコスモ工房さんに作ってもらわなければ・・・作ってくれるかな?

軍資金がないのでFS128を手放そうかと考えていたのですが、妻から散々売って失敗してるんだから、それは後で考えるようにとの寛大なお言葉をいただいたので、まずはシステムを組むことを優先したいと思います。

|

« 星撮り&スキー遠征、再び | トップページ

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 星撮り&スキー遠征、再び | トップページ