« フラット撮ってみたけれど・・・ | トップページ | QHY5-Ⅱを2x2ビニングで使えそう »

2017年1月29日 (日)

1車中泊2日の星撮り&スキー強行軍

_20170128ついに遠征、撮影してきました!というほどの成果はなかったので、情けない限りではあるのですが。でも遠征しての撮影は一昨年秋の乗鞍以来、ちゃんとした機材では13年の秋以来です。

今回は一応メインはスキー。星撮りは息子が付き合ってくれるので出来るといった感じです。スキーは日曜日だと休む間がないので土曜日に決定。これまでも数回そうしてきました。すると家を出るのは金曜日夜です。そうなると、星撮りはスキーが終わった土曜日の夜一晩、といった感じになります。

で、今回、ASTROGPVによる天気予報は、土曜日晩は×。あらら・・・と思ったら、金曜日夜半から晴れそうな予報でした。家を出るのは22時頃、3時間半かかるとして到着は深夜1時半頃。2時間で撮影まで済ませるとして3時半。薄明の始まる5時半まで2時間。ダークフレームを準備する時間内に撮れば1コマいける!よし!!行くぜ!!

ということで、1車中泊2日(実質1日)の強行軍は始まったのでした。

しかし、ちょっと嫌な予感が・・・。というのも、金曜日は午前中娘の保育参観、午後は両親が義理の母の墓参りがしたいというのでその送迎。当然荷物を積むのはそのあと。ということは昼寝できない・・・。で、やっぱり予定いっぱいいっぱいで休めませんでした。そんな中で22時出発。深夜の首都高は渋滞もなく快適快適。当然中央道も混む訳もなく、予想より早くほぼ3時間で目的地、山梨県みずがき湖ビジターセンターに着いてしまいました。天気予報通り晴れています。星がギラギラして見えます。先客が1名いらしたのでなるべく邪魔にならないように車を入れました。

速攻で組み立てに入りました。当然ながら荷物はすべて車にあるので、ババっとお店を広げれば移動が少ないので楽チン。

1時間ほどで組みあがり、自動導入の設定のために望遠鏡を天頂に向けたところ、「カタッ」。ん?ライトを照らすとなんと、カメラ落下・・・げ!やば・・・外観をチェックするとちょこっとそれらしき傷はあるものの奇跡的に大丈夫そう・・・。落下の高さが低かったのとちょうどコードの上に落ちたのがよかったのかも。ヒヤヒヤしながらピンとのチェックに入ります。それにしても深夜というのに暖かい。2度くらいありました。それと問題なのが風が強い。星がぶれてしまってなかなかピントが合いません。それでも30分くらいで決め打ちして、目標の対象へ。

今回は1対象と決めていたのでまさに狙い撃ちです。ターゲットはM83。うみへび座の系外星雲です。6年前にこの近くで撮ったのですが、出来がイマイチでずっとリベンジする機会を狙っていたのです。

導入を完了して、構図を合わせ、最後のガイド星合わせですべてが狂い始めます。星は見つけたのですが、露出時間を上げても上手く認識されません。空を見ると・・・雲が襲来してきています。ガーンΣ(゚д゚lll)、せっかくここまできたのに・・・予報は当たりました。実は直前の予報で3時から5時は雲の発生確率が上がっていたのでした。しばし様子を見たのですが、南の雲は取れそうにありません。仕方なく、まだ晴れていた北の方面から対象を選びました。M106、りょうけん座の系外星雲です。自宅では撮ったことがあるのですが、遠征ではなかったので一回撮ってみたかった対象です。しかし、悲劇は繰り返す・・・ドン曇りではないものの、筋状の雲が絶えず押し寄せて撮影体制には入れませんでした。

M106_250rc_20170128_3そして奇妙な現象に襲われます。しばらくして雲がはれてきたので、すぐに立て直して撮影態勢に入りました。そしてオートガイドをスタートさせたところ、ガイド星が消えました。ん???構図を戻そうと試し撮りをしてみたところ、星が線に。状況が???な状態に。その時気づきました。モーター音が違う!そうです、明らかにモーターの問題でした。コントローラーを触ってもうんともすんともしません。電源オフ再起動をしてみましたが、モーター音はおかしいままです。終わった・・・もう断念するしかありません。PCのソフトも落としました。で、PC電源を切る前になにげにもう一度赤道儀の電源を入れてみると・・・音が戻りました!どうもPCソフトが悪さしていたようです。やった・・・急いで立て直しだ!でも時計はもう4時になっていました。

天気もすっかり良くなり、あとは撮るだけです。でも自動導入からやり直し。ここで再度ピントを見れば良かったのですが、痛恨のミス!M106に向けて撮影スタンバイしてしまいました。で、先ほど見つけたガイド星を確認すると、若干星がいびつに・・・でも今更下へは戻れず、時間も4時半。「いい!写りが見れればOK!」と割り切って撮影開始。

で、8分×5枚の結果がこれです。星像はお世辞にもよくありませんし真円ではありません。成功か?と聞かれれば失敗ですの部類です。ただ写りはわかりました。はっきり言って8分では不足のようです。まだまだかけられそうです。それか枚数をもっと撮らなくてはなりません。なかなかこんな機会はないのでいい経験でした。

このあとのスキーは眠くてすぐだれだれでした。でもじゃあ寝れるかというと寝れなくて、帰りのPAで20分くらい仮眠しただけで奇跡的に帰ってきてしまいました。渋滞も奇跡的に全くありませんでした。冬の中央道は快適ですね。

|

« フラット撮ってみたけれど・・・ | トップページ | QHY5-Ⅱを2x2ビニングで使えそう »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

強行軍、お疲れ様でした。

どんな作業もそうですが、後ろの時間が縛られてると、
えてして焦って失敗するんですよね(^^;
ともあれ、大きな事故がなくてなによりでした。

M106ですが、Hα領域が案外しっかり分かるものですね。
周囲の淡い部分と両立させようとすると、たぶん多段階露出が
必要になってやや面倒になりそうですが……。

投稿: HIROPON | 2017年1月31日 (火) 00時24分

HIROPONさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですね。薄明の時間がわかっていましたのでとにかく焦りました。浮き足立っている自分がよくわかりました。
モーター異常の時は思いっきり落胆しましたが原因が分かり復帰したので安堵しました。

M106の多段階露出ですかー。一晩でこれだけ!ってな感じになっちゃいそうですね。今回は8分にしたのですが、もう少しというか倍かけてもいいくらいでした。ただ、ダーク撮影のこともあるので、露出はこのままで枚数稼ぐのが現実的かな?なんて思ってしまいますが、実際どうなんでしょうね。今回は時間がなくてダークが2枚しか撮れずに後悔してます。まーこの駄作じゃ何をしても作品にはならないのですが。ただ意味ある駄作にはしたいので、なんとか自宅でダークを撮れないかな、温度下がらないかな・・・なんて思っています。

投稿: ryojin | 2017年1月31日 (火) 09時20分

こんばんは。
お久しぶりです。
なんだか、似たような状況が脳裏をよぎって・・(笑)
組みあがったらドン曇り・・・よくある話ですが、現場に着いたら霧の中・・なんてこともよくあります(泣)
遠征時は帰りに気を付けてくださいね。

投稿: 船長っ | 2017年3月14日 (火) 22時52分

船長っさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

組んだら曇る・・・まー何度も経験してきましたから、動じなくなりましたね。晴れては欲しいんですけどね。

遠征帰りは流石にゆっくり帰らないとしんどくなってきました。余裕を持って帰ります。

投稿: ryojin | 2017年3月15日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラット撮ってみたけれど・・・ | トップページ | QHY5-Ⅱを2x2ビニングで使えそう »