« じゃがいも植えたよ | トップページ | プラスワン »

2016年3月 4日 (金)

パラメーター迷路

01_1この前にテストしたPHD2によるオートガイドのテストが何となくしっくりいかなかったので、もう一度テストすることにしました。

といっても、またNJPを屋上まで持ち上げるまで気力がなかったので、FS128NC(F5)+EM10 MTS-3SDI+でテストすることにしました。

テストプランはMinMo=0.15でAgrを90→75→60→45と順に下げて、次にMinMo=0.30として同じく90→75→60→45と順に下げていくというものです。これでグラフと星像両方で判断します。画像はM3、ピクセル等倍、左右が赤経方向、上下が赤緯方向です。

まずはMinMo=0.15、Agr=90です。赤経方向が少し伸びています。

02_1
MinMo=0.15、Agr=75です。グラフは結構暴れていますが、星像は円に近いような気がします。近いのかな?

03_1
MinMo=0.15、Agr=60です。グラフの暴れ方が周期的かつ大きくなりました。星像も設計方向に伸びています。これはもしかして反応を鈍らせすぎたか?

04_1
MinMo=0.15、Agr=45です。グラフの暴れ方が顕著になりました。星像も赤経方向にかなり伸びていてひどいものです。やはり鈍らせすぎて追尾が追いついていないのかもしれません。

05_1
次にMinMo=0.30、Agr=90です。グラフはそれなりに落ち着いていますね。星像は0.15の時とほぼ一緒か?

06_1
MinMo=0.30、Agr=75です。グラフの振幅は少し抑え気味のようです。星像は0.15の方が上かな?Agr=90よりは良さそうです。

07_1
MinMo=0.30、Agr=60です。グラフの振幅が増え気味でやはり大きな波になっているような気がします。星像もまた伸びてきました。

08_1
MinMo=0.30、Agr=45です。振幅がさらに大きくなりました。大きな波になっているのは0.15の時と同じです。星像も0.15ほどではありませんがかなり伸びています。

以上から、Agr=75を選択して、さらにMinMo=0.20、0.25をテストしました。

09_1
MinMo=0.20、Agr=75です。設計の振幅はそこそこありますが、星像は大分真円に近くなってきたような気がします。

10_1
MinMo=0.25、Agr=75です。0.20の時と似たりよったりのような気もしますが、若干振幅が大きいようにも感じます。星像は0.20とほぼ同じかな?

以上からMinMo=0.20、Agr=75を選択しました。正直これ以上赤経の振幅を抑える方策が自分にはなかったのでここで数枚撮って作品にしてみることにしました。

M3_fs128ncf5_20160303ま、写りはしょぼいですが。少しはテストした甲斐があったのだろうか?

それにしても、まだこんなことやってるなんて、本当にレベル低いですね。これじゃ望遠鏡が、カメラが、なんて偉そうに言えませんね。ガイドがまともにできなくては土台にさえ上がれやしない。いつ遠征に行けるともわからずとも、その時が来ても何もできないのでは話にならない。改めて自分が情けなくなってしまいました。

|

« じゃがいも植えたよ | トップページ | プラスワン »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

斎藤さん
こんにちは
大変ご無沙汰しております。
中三川です。

ブログを興味深く拝見させていただいております。
自分もガイドソフトはPHD2を使用しています。
ST-4に比べて設定メニューが豊富で非常に細かい設定ができる反面、美味しいところのパラメータは狭いように感じています。

自分のEM-200は現在絶不調で先日タカハシ製作所に聞いたところOH必須のようです。
グリス硬化と赤経ギヤのかみ合わせに問題があるようです。

ガイド鏡は fi:500mmですが斎藤さんのPHD2のグラフを遙かに超え大暴れしています。
画像処理で誤魔化していますが・・・(^^;

PHDの設定ですが、
両軸のDurationが2500msですがこれは意図的な設定でしょうか?
自分のVer.はPHD2-2.4.1と少し前のやつですが・・・
デフォルト値は1000msだった記憶があります。
R.Aは400~1000ms,Decは350~1200msで撮影しています。
(RA Oscが0.3前後になるように撮影中は適宜可変しています。)
キャリブレーションは赤緯0°付近で取得し同夜の撮影では使いまわしています。
ガイドカメラをスリーブから外したらキャリブレーションを再度取得しています。

いずれにせよ、PHDは前回良好なガイドパラメータでも諸条件により設定を変えないと難しいようですね。

それでは失礼します(^o^)/~


投稿: 宇宙を撮る@中三川 | 2016年3月 5日 (土) 13時42分

中三川さん、大変ご無沙汰いたしております。お元気でしょうか。
早々にご指摘をありがとうございます。
そうですか、中三川さんのEM200はそういう状況なのですね。私のは中古で手に入れたものをK-ASTECさんでMTS3D+化してもらっているのですが、製造からそろそろ20年になるので私のもそんな時期に近づいているのかもしれませんね。
PHD2ですが、ST-4を使った時期が長かったこともあり、いまだにどうもしっくりきません。英語も苦手なので各パラメータが示すところがよくわかっていないのが実際のところです。なので、下記のマニュアルなどを参考にしています。
http://d.hatena.ne.jp/hp2/

両軸のDurationを2500msにしたのは現在のデフォルトがそうだったからで、250RCの時は大体500msにしています。赤道儀はNJP-TEMMA2と違いますが、グラフ上では今回ほど暴れることはありませんでした。今回は睡魔からそこまでいじる気力がなかったのですが、次回はそこも調整の対象にしようと思います。
あと、キャリブレーションは赤緯が大きく変わる場合は基本的にやり直すようにしているので、試し流しをして良いセッティングに近づけるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: ryojin | 2016年3月 5日 (土) 18時04分

あ、すいません、中三川さん、リンクかけさせていただいてもよろしいですか?

投稿: ryojin | 2016年3月 6日 (日) 09時50分

斎藤さん こんにちは

レスありがとうございます。
リンクしていただければ幸いに存じます。
拙サイトトップページ最上部のものをバナーとしてお使いいただければと思います。
こちらもリンクをさせていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

PS:PHD2のマニュアルは私も同じサイトのもの参考にさせていただいております。


投稿: 宇宙を撮る@中三川 | 2016年3月 6日 (日) 13時46分

中三川さん、ありがとうございます。近日中にリンクさせていただきます。

投稿: ryojin | 2016年3月 6日 (日) 16時14分

中三川さん、ものすごくお久しぶりです!
もう15年近く会っていないと思いますが、銀塩時代によくご一緒したひらたです。
つい最近自分も10年以上ぶりに天体写真を再開しまして、画像処理やらなんやらで四苦八苦しています。
これからは時々遠征にも出かけるので、どこかでお会いしたらまたよろしくお願いします。

投稿: ひらた | 2016年3月 6日 (日) 22時36分

ryojinさん
 パラメータの追求にいそしんでいらっしゃいますね、そのデータを記録しながら追求されている姿勢にryojinさんの人柄を感じます。

 PHDのパラメータでガイドカメラの露出時間が有りますが、これってシンチレーションで星が揺れているとき平均化してくれると思っているのですが、本当のところどうなんでしょう?

 私も最長4秒まで使いますが、むしろガイド星が安定している時、暗いときに良かった様な気がしています。シンチレーションが悪いときはMimoを0.3位に大きくして1秒露出、小さく動かして何回も修正しています。
3月4日の夜は最初は安定していて±0.5″位に収まりました。その後±2″位になりましたが若干星が大きくなりました。2000mmでは1″位に納めたいですね。

シンチレーションが悪いと何をやっても駄目で、良いときはどんなパラメータでも良かったです。それと極軸の設定の善し悪しがガイド精度に影響することも経験しました。初めてドリフト法で決まったときは良いガイドをしてくれました。


娘は今年も復帰ならず(;_;)

投稿: けんちゃ | 2016年3月 7日 (月) 23時42分

けんちゃさん、おはようございます。コメントありがとうございます。
露出時間を5秒にした理由は、本当は3秒にしたかったのですが、ガイドを失う確率が格段に上がってしまい、仕方なく5秒にしたというのが実際のところです。もう少し感度のいいオートガイダーが・・・と思う反面、こんな都会じゃ何使っても意味ないか?と思ってみたり。遠征して改めて確認したいところなのですが。
PHD2はもっと使って体感してみないとこれ!といった調整は難しいのではないかと思っています。その点でも今回のテストは一つの傾向が掴めて良かったと思っています。今度は中上川さんご指摘の両軸のDurationについて傾向がつかめればと思います。

投稿: ryojin | 2016年3月 8日 (火) 08時15分

中三川さん、ひらたさん、願わくばまた撮影をご一緒したいです。

投稿: ryojin | 2016年3月 8日 (火) 09時45分

こんばんは
ひらたさん、超~お久しぶりです。
もう15年くらいになりますかね~
自分も2005年で天文活動を休止し2012年の金環食で復帰しました。
何処かでお逢いの節は宜しくお願いします。
銀塩時代の里美牧場で撮ってた人たちは皆辞めてしまったのかな~?

斎藤さん
PHDの美味しいところのパラメータが狭いっていうのは
不調のEM-200のせいだと思います。
メーカーOHではEM-10の中古が買える?くらいしますね。
赤道儀のメンテはMS-5のほうが容易でした。
ギヤクリアランス調整は容易でしたし、分解しなくてもグリス交換はできそうでした。
EM-200の自己OHはハイリスクなようです。
ウォームギヤの与圧調整だけはやってみましたが改善なしでした~

投稿: 宇宙を撮る@中三川 | 2016年3月 8日 (火) 21時08分

中三川さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
OH、かかりますよね~。かといっていい赤道儀ですからポイするわけにもいきませんしね。
ご自分で調整ですか。すごいな・・・。私にはスペースボーイのグリスアップがいいとこです。

投稿: ryojin | 2016年3月 8日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じゃがいも植えたよ | トップページ | プラスワン »