« 不安要素が2つも・・・ | トップページ | 秋の花 »

2015年8月30日 (日)

今更ながらフィルムカメラの衰退

Imgp0984_1昨日とある新聞記事を見ました。インスタントカメラがいま人気なのだとか。一応知っていましたが、チェキは過去最高の売上だか生産量だかなのだそうですね。それはすごい。ポラロイドもフィルムが生産中止したと思っていたら、ファンの熱烈コールで別メーカーが引き継いで販売しているのだそうですね。また、写ルンですもバリバリ現役のようです。このデジタル全盛の世の中で頑張ってますね。

一方の普通のフィルムカメラのシェアについては、2000年に約14%だったのが2014年には1%未満になってしまったのだそうです。確かにフィルムの種類は年々減ってきていますし、フィルムはを名乗っていた私も最近は年に1回使うかどうかになってしまいました。でも、フィルムには個性があり、それに惚れて選んで撮るという楽しみがあります。なので、じっくり撮れるときはこのフィルムカメラを活用しようと思います。

-追記-

一昨日書いたスカパーの不調原因は無償対応のアンテナのコンバータとわかりました。本日交換してもらい無事復帰いたしました。よかったよかった。

| |

« 不安要素が2つも・・・ | トップページ | 秋の花 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不安要素が2つも・・・ | トップページ | 秋の花 »