« 退職 | トップページ | 4年 »

2015年3月 1日 (日)

馬鹿な奴です

旅行に行ったり天体写真散々撮っておいて退職?こいつ馬鹿じゃねーの??

普通はそう思うよね。馬鹿は合ってると思う。

今回は自分にかける制約を外して心を強くしようと考えました。でも結局はそれを逃げ道にしてしまった・・・失敗です。しばらく撮影は控えようと思います。それとお酒も。無駄なお金がかかるし。

いつ治るかわかりませんが、もう普通に勤めるのは無理なのかな。また迷惑かけるしね。

馬鹿な奴です。

|

« 退職 | トップページ | 4年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ryojinさん
娘も又、休職してしました。新年度から復職する予定でしたが体調も良かったと言うことで3学期から復職しましたが1ヶ月しか持ちませんでした。鬱のときは声を掛けられないぐらいでしたが、今は少しよいようです。そんな娘、孫と一緒にスキーに行くことにしました。

 面と向かって「馬鹿だなあ」とは言いませんし言えないです。心の病は親の私にも全く理解できません。きっと平均的な人には分からないと思います。

 娘は地方公務員なのでまだ、復職の機会があるようで、もう一年間休職するそうです。私に言わせれば「甘えてると」思っています。

 私の娘は やはり自分自身に負けていると思います。ryojinさんにはどのような言葉を掛けることが適切なのか分かりません。仕事も趣味にも秀でた物をお持ちなのですから もっと強く成って下さい。又、娘の様子を書かせて貰います。もし、不適切だったなら削除して下さい。そうされたならばこのことにはもう触れませんから。

投稿: けんちゃ | 2015年3月 1日 (日) 23時16分

けんちゃさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

そうですか、復帰できると判断されたのはご自分からでしょうか。経験から、療養生活からすぐに復職するのは相当厳しいと思います。障害者職業センターなどのリワークを利用して復帰されることをおすすめします。私の場合は9ヶ月もちました。

私は仕事にせよ趣味にせよ特別に秀でてはいません。もうこんなこと9年もやっていますので劣っていることだらけです。そんななかでどうやって復帰できるのか、復帰する場所があるのか考え続けています。

投稿: ryojin | 2015年3月 2日 (月) 16時07分

綺麗な写真に惹かれて時々拝見させていただいていますが、コメントを書くのは初めてです。
私も以前、心の病を患いました。今は何とか短時間の仕事をこなしています。知り合いの娘さんは、昨年から引きこもっています。当事者でもあり、第三者でもある私が実感したのは、心の病は周囲からの(本当の意味での)理解は得にくいということです。知り合いの娘さんも、調子がいい時は、旅行に行ったり趣味に興じたりしていますが、周囲はそれをみて「あ~治ったんだ。元気になったんだ」と大方思います。でもその後、また寝込んだりふさぎ込んだりすると、「怠け病だ」「気持ちの持ちようなんじゃないか」等々、時にはひどく傷つくようなことを言います。
私も自らが体験者なので、「そういう問題じゃないんだよ、だったら心の病を患った人は、ずっとふさぎこんで部屋で寝ていないと駄目なの??」と叫びたくなりますが、もし自分が病気を患っていなかったら、やはり他の人達のように思ってしまっていたかもしれません。

私は、ryojinさんと同年代の独身男子です。今はなんとか薄給ながら日々の生活はできていますが、今後自分の仕事がどれだけ続けられるか見通しもまだまだたちませんし、また親の介護の問題もいずれでてくることを考えると、不安で、気分転換をしたくても、なかなかお金を使っての趣味はできない状態です。ですから、ryojinさんのように(精神的に辛い部分もあるでしょうが、金銭的に)趣味や旅行に興じられる環境にある人が、ある意味うらやましかったりもしますし、恵まれているようにも思います。
あまりご自分を責めないで、気分のいい時は気分転換をどんどんされていいのではないでしょうか。ryojinさんのそんな姿をご家族の皆さんも見たいのではないでしょうか。
状況を知らないのに、勝手なことばかり言ってしまってすいません。また素敵な写真をたくさん撮ってください。

投稿: ムササビ | 2015年3月 2日 (月) 22時48分

ムササビさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうですか、ご苦労されたんでしょうね。でもお仕事をちゃんとこなされていらっしゃるのは何よりだと思います。私の場合、第二(正確には第三)の職場でもきっちりやれたのはほんの9ヶ月だけであとは休み休みで結局職場には迷惑しかかけませんでした。

精神障害等は確かになってみないとわかってもらえない病気なのかもしれません。でもそれは何の病気でも同じであり、それをなんとか収めて社会に出なくてはダメなのだと思います。そういう意味でもう2回も失敗した自分を馬鹿と書きました。この先治るかもわかりませんし自身もありません。もうこういう立場になってしまったので、極力元に戻れる方法をなんとか探して自分を立て直せればと思います。このまま終わるわけにはいかないので。

写真は暫く撮らないようにと思っていますが、好転したらまた公開しようと思います。その際はよろしくお願いいたします。

投稿: ryojin | 2015年3月 3日 (火) 16時17分

確かに病であり、怠けではなく、お辛いでしょう。そしてまた経済的には恵まれていることもまた確かです。私も心療内科のお世話になったことはありますが、生活、家のローン、子供、そしてストレス解消の天文をやる余裕もなくなると思うし、仕事は続けながらうまく薬の助けを少々かりて、ストレスから逃げつつ、また気にしないことで耐性をつけ、働きながら治しました。

でもりょーじんさんが悪いわけではありません。別に世の中にはいろんな人がいます。超恵まれいる人からその逆の人も。

ブログ等で発信しなければ、リょーじんさんが仕事されてるのか、休まれてるのか、星の写真を撮っているのか、旅行に行ってるのか、ご家族以外の他人には分からないのです。

人との繋がりがないと辛いタイプでいらっしゃるのならちょっと無理ですが、ブログ等で逐一まじめに発信せず、好きな様にすごされてはいかがですか?天体写真にしろ、仕事にしろ、~ねばならない的なお考えが強いように見えます。

自分の経験からしますと、うつ病は結果としての状態であり、その原因があります。たとえば、職場のストレスとそれに対する耐性や考え方です。ほかのものでも外の環境側と自分の内面の側面があります。

その両方を解決させない限り再発します。

適した職や職場、外の環境ですね、を見つける。
人間関係が苦手なら、得意になる、あるいは逆の発想で人とのつき合いを減らす、自分の価値観を改めたり、自分をあきらめてみるのも良いでしょう、内面の側面ですね。


例えばブログもほっといてやりたいことを自分のやりたり返りにやったらいかがですか?
「ブログを休みます」「天文を休みます」など宣言する必要もありませんよ。

私は人間関係がストレスだったので、職場でも休み時間などは1人、帰りのつき合いはゼロ。仕事は好きなので仕車上ではおしゃベリですが。
天文も現地で会う以外の交流はほぼゼロ。ブログはほっときっぱなし。
学生時代の友人ともほとんど会わず年に1回ありかどうかです。

それでも暮らせてますよ

投稿: こんにちは | 2015年3月10日 (火) 16時05分

paper りょーじんさんは
馬鹿じゃないですよ。


私も(当事者/手帳2級)ですが、
何度も挫折~転職しています。
生活保護にもお世話になりました。

 星が好き…☆
とっても素敵な事ですよ!


私が主治医によく言われるのは、
「好きな趣味や遊びが出来なくて
 仕事など出来ない。」ということ。

これは、うつ病のケースですが、
双極Ⅱ型のうつ期にも言えること。

 たくさん頑張り
心が疲れてしまったのですね…。


 clover ゆっくり

自然や星空に

癒されながら・・・


ご自愛くださいね。


投稿: 翡翠 | 2015年3月11日 (水) 08時34分

こんにちはさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

そうだよなー、そうだよなーと読ませていただきました。
私の場合の原因は仕事です。ですが、もう9年も前のことでもう今はよくわからなくなっています。
仕事が嫌いなわけではありません。いろいろな人と話すのは好きです。天体観測のボランティアをしている理由の一つでもあります。
とてもいい職場でした。ですがわがままは通せません。責任は私自身にあるので仕方がありません。今度はそうならないようにせねばなりません。そのためにも戒めは必要だと思います。

投稿: ryojin | 2015年3月11日 (水) 17時13分

翡翠さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

私の場合は最初うつ病と診断されて、その後双極Ⅱ型と診断されました。その先生の見解にもよるのでしょうが。

一度張りつめた糸が切れてしまうとこうも大変なのか、とも思ったり、単に自分が元に戻りたくない馬鹿者のか、と思ったりいろいろ考えます。多分後者のほうだと思うのですが。いずれにしても馬鹿は馬鹿なりに一定までは治さなくてはならないので、それからはまたそのときに考えようと思います。

投稿: ryojin | 2015年3月11日 (水) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退職 | トップページ | 4年 »