« 撮影の成果(その1) | トップページ | PC故障 »

2014年12月 3日 (水)

撮影の成果(その2)

E200_01_2先日のフィルム撮影分が仕上がってきたので載せたいと思います。

最初は天体写真から。

今回も中判カメラで星景写真にチャレンジしました。が、なーんかイマイチでした。自分の狙い通りの作品になっていません。でもそれは、中判カメラのことを自分が把握できていないということ。まだまだ初心者の域を脱していませんね。偉そうなことは言えません。

PENTAX67 + TAKMAR6x7 55mm 15min E200 +2

E200_04これもいい失敗例。狙いは正面のカシオペア座です。それはいいんです。問題は左の木。注意を怠りました。そして画角を考えれば北極星を入れるべきでした。

上手な方はこれを使えばどこまで写ってそれを完成させるにはこの場所で撮って、と頭に浮かぶはずなんですよね。なんで浮かばないかなぁー。

でも好みですが、星景写真はフィルムの方が落ち着くなぁー。やっぱりフィルムは手放せません。幸いにもまだしばらくは撮ることができそうです。ただ、さすがにネガフィルムは苦しいかもです。とっても出せるような作品にはなりませんでした。明らかに感度が落ちて粒状性が悪くなっています。まぁー10年以上前のフィルムですからしょうがないですかね。

次はスナップ。

Rvp05久しぶりに今回はポジフィルムでの撮影もしてきました。PENTAX LXとベルビアの組み合わせです。

正直なところ、今回も36枚撮りで気に入ったのは数枚程度でしたが、撮る際の緊張感、そして出来上がるまでのドキドキ感を楽しめたかなと思います。

Rvp281・2枚目は双葉SAの休憩ゾーンからです。紅葉真っ盛りでした。

Rvp34

3枚目はみずがき湖に行く道すがら見つけた清流です。ちょっと紅葉はピークを過ぎていましたが。

|

« 撮影の成果(その1) | トップページ | PC故障 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

天体写真って難しいんですね~。
スナップ写真の3枚目の
ピークを過ぎた紅葉に、行く秋と
冬の兆しが感じられますねconfident

投稿: くまきろり | 2014年12月 3日 (水) 19時19分

くまきろりさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

天体写真・・・普通の写真と同じく難しく奥が深いです。

3枚目は結構好きです。水が糸となって流れるのが大好きなもので。

投稿: ryojin | 2014年12月 3日 (水) 20時16分

ryojinさん、こんばんわ♪
「星景写真はフィルムのほうが落ち着く」というご意見、賛成です。
私もいまだに「へぇ~銀塩ですか」などと言われながら遠征にはマミヤ7Ⅱを必ず持っていって固定撮影していますので…
ryojinさんはE200ですね。固定でもバラ星雲やハート星雲が写り込んでいるのが凄いですね。
スナップのほうも銀塩は色が綺麗です。デジタルももちろん良いですが、銀塩もフィルムがある限りは続けたいですね。

投稿: こうち | 2014年12月19日 (金) 23時06分

こうちさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

マミヤ7Ⅱ、いいですよねー。ペンタ67は重いのがたまにキズで、毎回は持って行っていないのが現状です。でも上がってきた作品を見て、出来がいい悪いはさておき、とてもいい雰囲気を感じずにはいられません。

今回は久しぶりにペンタックスLXも持って行き、昼夜ともに働いてもらいました。夜はネガを使ったこともありうまくいきませんでしたが、昼はお気に入りのベルビーを使って幸せ感じてました。それにしてもLXのファインダーってこんなに広かったっけ?と思っちゃいました。APS-Cに慣れちゃったんですね。

投稿: ryojin | 2014年12月20日 (土) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影の成果(その1) | トップページ | PC故障 »