« 恐るべし!スカイツリー2 | トップページ | 調整の結果は?? »

2010年12月19日 (日)

調整の後は・・・

今日、いくつかのWebページを参考にして、RCの光軸調整で主鏡を動かしてみました。なるほど、こうなるんだ・・・などと2時間ほどかけて一応終了。素人故、すぐにでも星像確認したいところですが、外は曇り・・・そんなもんですね。

|

« 恐るべし!スカイツリー2 | トップページ | 調整の結果は?? »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

カセグレン系の光軸調整は合焦部のスケアリングも加わると物凄く大変ですが、幸い250RCは副鏡と主鏡だけの調整のようですね。それでも調整するのは面倒だと思います。
でもそれを2時間ほどで終わらせるのはやっぱりかなり慣れていないと出来ないと思います。
これだけの器材を使い切っているりょーじんさんならではの”腕”ですね。

投稿: カムイミンダラ | 2010年12月19日 (日) 19時03分

りょーじんさん
 2時間ほどで終わるとは速いですね、タカハシのセンタリングスコープは老眼でも使えますでしょうかねえ?レンズで拡大しているのでしょうか?
 
 私はChesire型というのかな、平面鏡のセンターに穴が空いているアイピースで合わせています。ASTROSIBは鏡筒が薄くてスパイダを張りすぎると四角形に変形しセンタ出しが難しいですね、それに等角度であなが空いてないし、副鏡のケーシングと副鏡自身が同心かどうかも疑ってしまいます。まだスパイダーの回折光の交点とエアリーディスクが同心には成っていません。
 そのうえ晴れが少ないので調整、確認には時間が掛かります。イプシロンは買ってから2年掛けましたがまだ、納得できません。屈折にすれば良かったと思っています。

投稿: けんちゃ | 2010年12月21日 (火) 13時38分

カムイミンダラさん、返答が遅れまして誠に申し訳ございません。昨晩晴れたのでテスト結果が出てからと思って遅くなってしまいました。

250RCは仰るようにスケアリング調整が出来ないので副鏡と主鏡だけの調整になります。殆ど調整の必要なしというふれこみで購入した訳なのですが・・・。確かに銀塩中判ではその通りでしたが、デジタルになって、APS-Cサイズになって、誤魔化しが効かなくなってきたのでしょうね。

2時間=腕ではないですよお~。タカハシのセンタリングスコープのおかげと持ち前のいい加減さです!

で、結果、見た目何も変わりませんでした。おまけに新たな問題発覚・・・また明日記事にします。

投稿: ryojin | 2010年12月21日 (火) 16時16分

けんちゃさん、こんばんは。コメント有り難うございます。

流石250RCユーザー、お詳しいですね。あのスパイダーは何とかして欲しかったですね。最近のRC系の鏡筒を見てはそう思ってしまいます。副鏡もど真ん中にもってくるのはチョット無理そうですし・・・(というかそこまでの勇気がありません)でも、何とか繰り返し繰り返し頑張ろうと思います。

屈折・・・FS128が出番を待っているのですが、強拡大の魅力には勝てず・・・。撮像がCCDだったら文句なくFS128なんですが。

投稿: ryojin | 2010年12月21日 (火) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恐るべし!スカイツリー2 | トップページ | 調整の結果は?? »