« 雨のスタート | トップページ | 天体撮影用Kiss-DX(改)でスナップを楽しむ(その2) »

2009年4月26日 (日)

天体撮影用Kiss-DX(改)でスナップを楽しむ

Img_0813

最近・・・というかほとんど出番のない天体撮影用Kiss-DX(改)。普通に撮ると全体的に赤みがかって写りますよね。今まではフォトショップの自動補正でお茶を濁す程度しかできなかったのですが、何かうまい方法でスナップも楽しんでいる方はいないかなぁ・・・とネットサーフィンをしていたところ、いらっしゃいました!読んで見ると、どうやらオリジナルのWBを作るというものらしい、ということはわかったので、市販のマニュアルで探してみると・・・ありました! ・・・ということはもう皆さんご存じ?

で、手順はこうでした。

1.AWBで均一な白面を撮影

  →とりあえず陽当たりの良いガラスにコピー用紙を貼って撮りました。

2.WBをマニュアルに設定して、MWB画像選択で前に撮った画像を選択

以上です。で、色々撮ってみたうちの一コマが冒頭のにんじん畑です。RAWモード・現像デフォルトで何の補正もしていません。Img_0808

1枚だけですとわかりにくいので、某スーパーの看板を。意外と普通に写っていませんか?これでスナップ・天体の両刀使いが叶うかな?・・・広角レンズが欲しくなってきたなぁ~(爆)←金欠なのにいつもの病気がぁ・・・。

--追記--

夕焼けが綺麗だったので試しに撮って見ました。ボチボチといった感じでしょうか。チョットだけ見えるのは富士山です。

Img_0815

| |

« 雨のスタート | トップページ | 天体撮影用Kiss-DX(改)でスナップを楽しむ(その2) »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

りょーじんさん、こんばんわ。
大変ご無沙汰しております。
天体撮影用改造機を一般の写真にも使うWBのテクニック、お恥ずかしながら私はぜんぜん知りませんでした。。
ちょっとこのGW中にkissX2で試してみます。
PS 天ガ入選おめでとうございます!って遅すぎですね、すいません。
りょーじんさん写真を見て思ったのですが、やっぱり銀塩って独特の暖かみがありますね。
ペンタックスが67も645も生産終了を発表したりしてますが、銀塩の写真はなくなってほしくないです。

投稿: こうち | 2009年4月28日 (火) 20時53分

こうちさん、ご無沙汰致しております。
一般撮影の件は、もう少し違った条件下で撮影して追記しようと思っています。PENTAXユーザーとしてはスナップ用にK10Dの中古を・・・などと考えたのですが、時々Kiss-Dxも通電してやらないと・・・で、試してみたわけです。こうちさんのX2での結果、是非拝見したいです。

天ガの件、ありがとうございます。やっぱり空の良いところでは銀塩で撮りたくなります・・・って、やっぱりイチデジは苦手意識が・・・

投稿: りょーじん@船橋 | 2009年4月28日 (火) 23時56分

りょーじんさん、DXで綺麗に補正が出来ましたね!
私もDNを同じ方法で実用に成りました。

DXは旨くできないと瀬尾さんの所に有ったと思うのですが、りょーじんさんのはとても良く補正が出来ていると思います。

CentralDS製のDXを同じようにしてみましたが補正しきれませんでした。

投稿: けんちゃ | 2009年4月30日 (木) 00時26分

けんちゃさん、こんにちは。

最初はモニターを接写(当然ピントは合わないのでMFで撮影)して試したのですが、まだ全体的に赤に偏っていて失敗しました。太陽光+コピー用紙はその次に試して主観的にOK。マグレみたいなものです。

DXは補正できないとあるのは、確固としたバックデータがあっての工学的判断ですから、一素人は比較に値しません。

けんちゃさんのはまだ補正しきれないとありますが、いろいろ試してみれば、主観的OKには十分出来ると思います。

投稿: りょーじん@船橋 | 2009年4月30日 (木) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨のスタート | トップページ | 天体撮影用Kiss-DX(改)でスナップを楽しむ(その2) »