« 初勝利! | トップページ | M63 三度・・・ »

2009年1月18日 (日)

ガイド精度の改善なるか?

昨年末の撮影以来、250RCの光軸調整問題が頭の中に再燃。時間を見てはネット検索していたのですが、とあるBLOGを発見しました。同じ250RCのユーザーさんのようです。Profileを見ると・・・あれ?☆☆☆さんでお会いして、多々ご指導を頂いた方では?早速メールで連絡をとったところ“ビンゴ!”でした。誌上等での入選多数、超実力者さんです。(BLOGへは下記、又は右上「天体関係」の「250RC」からアクセス!)

BLOGを読み続けていくと、PENTAXのリアコンバータRC0.77を使って焦点距離を0.8倍に短縮、光学系(F値)を明るくすることに成功されていました。かつて、クローズアップレンズでF値改善にトライして失敗したこともあり、非常に興味がわいたのでメールにて質問したところ、BLOGで丁寧に説明してくださいました。感謝感謝です。

http://250rc.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/250rcrc077.html

その後さらにメールで情報交換した結果、システム構成上、同じことは出来ないことがわかり少々残念だったのですが、思わぬことがわかりました・・・というか今までなぜ気が付かなかった??

Adapter_hikaku

上の写真は250RCのヘリコイドと三ツ星オフアキシスガイダーを接続するアダプターで、左側が銀塩フィルム用のSelfish6x9カメラ用、右側がKiss-DX用のものです。オフアキシスガイダーからカメラのフィルム面及びCMOS面までの距離が違うため、このアダプターの厚みで調整出来るよう特注しました。

左の銀塩用は視野の周辺まで星像を補正する必要があるため、BORGマルチフラットナー67がねじ込めるように、テーパー内側には85mm P0.75のねじが切ってあります。右側のアダプターを特注する際に、APS-Cサイズにフラットナーは不要と考え、ねじは切っていないものと思っていましたが・・・確認してみると・・・あ、ねじ切ってある・・・Σ( ゜Д゜)ハッ!

Adapterdslr67flat

ということで、上の写真の通り、付いてしまいました。←今頃気がついたんかい!ボケ~ッ!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

Oag1_dslr

デジタル非対応なフラットナーなのでハロが出ることが懸念されますが、一方でガイド星の星像が改善されると思われるので、ガイド精度及び全体の星像改善が見込めるのでは?と思っています。次回はこれでテストですね。

|

« 初勝利! | トップページ | M63 三度・・・ »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初勝利! | トップページ | M63 三度・・・ »