« M63 三度・・・ | トップページ | わし星雲 »

2009年1月25日 (日)

約4年ぶりの遠征撮影 in スター☆パーティ

Imgp5489_1

昨日より八ヶ岳山麓のペンション「スター☆パーティ」に家族で遠征旅行してきました。この時期、こちらのペンションでは「晴れなかったら 半額!」フェアを開催しており、昨年も「当然晴れっ!」を期待して遠征したのですが、星見どころかものの見事に「大雪っ!weep」に見舞われ、朝から除雪作業をするはめに・・・おまけに帰宅したら、こちらも積もっていてダブル除雪!!crying 災難でした。なので、今年はリベンジ!ということで早々に予約。行って参りました。

昨日、出発時は小雨ぱらつく不安な天気。天気予報では朝夕は曇りやすく、昼間は平野でも雪が降るかもしれないとのこと。それでも日曜日に向けて急速に強い冬型になるとの予報に期待して車載満載でいざ出発!道路の混雑もさほどなく千葉を通過、東京にはいると空が明るくなってきました。「そうそう!そうこなきゃね!」・・・なんて思いながら都心を抜けると時折ボタン雪らしきものがチョコッと舞います。「へぇ~・・・予報当たってるなぁ・・・」と言いながらさらに車を西に進めると、東京都を越した辺りから徐々に雪が本降りに・・・そして大月付近では吹雪のよう!お~い・・・去年の二の舞かぁ~・・・sweat02

しかし、幸運にも甲府盆地に入る頃には晴天sunに!多少雲は多いものの、天気予報も好転して晴天の確率が上がります。そして数時間後、私たちは冬の寒空の下、ギラギラと眩いばかりの星々に感動していたのでした。

今回はわがままを言って、妻に息子の相手を任せて私は撮影に没頭させてもらいました。とはいえ遠征撮影は何と4年半前のしらびそ以来。なので赤道儀は1台にして銀塩とイチデジで同じ被写体を狙うことにしました。狙うは「IC2177わし星雲」。一度も満足に撮れたことがない「コイツ」を何とか持って帰りたい・・・しかし、毎度毎度ではありますが要領が悪く、なかなか撮影に入れません。同日宿泊の皆さんと談笑しながらも頭の中は一杯一杯。気が付いたら夜中0時をまわり、わしも南中を過ぎて西の空へ逃げてゆく・・・追いかける私、そこにきて南の空から雲が湧く・・・。それでも何とか0時半過ぎから撮影開始。

Ic2177_0768_zantei

とりあえず暫定版ということでイチデジの15min一コマを。EF70-200mmF4LをF値開放で使いました。フィルターはLPS-P2。本当は星像を考えれば絞りたいところでしたが、自宅で撮った時のカブリ方が普通の同心円状ではないことが頭をよぎって開放のままで撮っちゃいました。

結果、やはり星像が肥大している、片ボケ?、レンズ・ボディの固定方法等、解決しなければいけないことが多々出てきました。一応4コマ撮ったので、後日きちんと画像処理して近日公開できればと思います。

一方、銀塩の方は現在増感をどの程度で出すか検討中・・・。後はピントだなぁ・・・これが自信ないんですよね・・・明日ラボに出してきます。

それと、もう一対象撮りましたので、仕上がりが良ければ近日公開できればと思います。

作品の出来はさておき、昨年のリベンジは果たしました。それと宿泊4回目にしてほぼ初勝利です。南空が開けているので、機会があれば今度は、春の低空の小宇宙に挑戦してみたいかな。

スタパの皆様、そして同日宿泊された皆様、大変お世話になりました。とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

|

« M63 三度・・・ | トップページ | わし星雲 »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

晴れてくれて良かったですね~!
ワシは淡いところまでよく写っているようですから、完成が楽しみです。
私もスターパーティーには一度行ってみたいと思っています。
たぶんりょーじんさんと同じパターンで、父ちゃんは朝帰りでしょう(笑)

投稿: コーチ | 2009年1月27日 (火) 01時05分

コーチさん、おはようございます。コメント有り難うございます。

本当に晴れて良かったです。久しく一晩中通して良い星空は見ていませんでしたので、なかなか至福の時でした。気温も-10℃弱で安定していました。

IC2177は淡いところまで・・・というとイチデジの方が勝りそうですが、星像含めトータル的には銀塩が勝っていると思っています。少しずつ画像処理していますので、数日中にはBLOGに載せられると思います。

スタパ、とても良いですよ。でも場所が場所だけにご家族の皆さんは電車等の方が体に負担がかからないでしょうね。

投稿: りょーじん@船橋 | 2009年1月28日 (水) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M63 三度・・・ | トップページ | わし星雲 »