« 表参道にて Part.2 | トップページ | 輝星、競い合う »

2008年11月21日 (金)

光害の壁?技量不足?

Imgp5129_1

久しぶりに天気と自分の気力が合致して自宅前で天体撮影しました。

夜半には月が昇ってくるので、今回はカメラレンズでの撮影としました。EF70-200mmF4L USMとLPS-V3フィルターでの本格撮影は、現在のカメラにしてから多分初めてです。ガイドミスの少ない70mm(APS-C換算112mm)で対象は二重星団とIC1805-1848としました。ここならHαがどの程度写るかわかりますし。

久しぶりにしては無難に準備完了。ISO1600、絞りF4→F5.6として30min×4コマ、15min×2コマの計6コマ撮影しました。夜半過ぎにダークフレームも撮り終えて、ざっと30minのから確認してみると・・・

Img_0490rdk

はぁ~??真っ白じゃん!?フィルターをV3にしていたので全然平気かと思っていたのですが・・・限りなく露出オーバーの様子。上記まで何とか処理しましたが、すべての星が真っ赤っか・・・2時間が無駄になってしまいました。

次に15minの方・・・あ、こっちは何とか・・・で、下のようになりました。Img0491rdk_5_mask

2コマ目はなぜか星が二重写りしてしまっていてNG。結局成果は15minの1コマ・・・でもこんな作品ではギャラリーにはUP出来ないです(´;ω;`)ウウ・・・(涙)。

ただ、今回の撮影で疑問や現象が出てきたのはある意味収穫だったのでは・・・とでも思わなければ悔しいだけですし・・・。

-疑問・現象-

1.すべての画像中央に大きなリングができ、その内側と外側ではレベル・発色が異なってしまっている。→理由が全くわからないけど、光害地域では不向きなのかな?今度何らかの方法でテストしてみよう・・・。

2.6コマ中2コマが星の二重写りによってNG。→流れたのではないので、途中でカメラが動いた?電車の振動をもらった?カメラ・ガイド鏡・それらに伴うコード類の固定方法を検証する必要がありそうです。

|

« 表参道にて Part.2 | トップページ | 輝星、競い合う »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

りょーじんさん、お久しぶりです。
アドバイスではありません。

22日は甥の結婚式に出席するために千葉市に出かけました。発つときは今にも雪になりそうな恐ろしい雲でした。トンネルを抜けると素晴らしい青空でさいたま付近では富士山がくっきりと見え、素晴らしい透明度でした。千葉のホテルからも見事な富士山が。翌日の帰り、トンネルを抜けると雪国でした。ああー

私の唯一のカメラレンズCANON EF135 F2L USM でLPS-V3-FF で同じ対称を一度だけ撮りました。明るければ良いだろうと浅はかな選択のレンズでした。やはり真っ赤っかでした。光害の中ではかぶりも一様ではなくて大変、そこでどうでならとLPS-P2-FFを購入したわけです。

星が二重に成ったこと数々あります。はっきり理由が分かるのはSP-DXで撮ったときバッテーリーに余裕がなくて他の処理で電力が食われたとき赤道儀が一瞬間、停止しました。後はSS2000PCこれは既知ですが、今回は関係ないですね。

このような天候が続く関東をつくづく羨ましいと思いました。子育ての期間は旨くバランスをとりながら楽しまないといけませんね。終わってみてそう思います。

投稿: けんちゃ | 2008年11月24日 (月) 12時08分

けんちゃさん、コメントありがとうございます。

そうですか、千葉にいらしていたんですね。我が故郷千葉へようこそsign03 22日は朝から抜けるような青空でしたね。(夜は曇られてしまいました・・・sweat02

写真についてですが、表現が正しくないかもしれませんが、けんちゃさんの場合は露出時間よりV3が勝った→露出不足、私の場合は光害がV3に勝った→露出オーバー、なのでは?と思います。私もP2フィルターはありますが、いとも簡単に光害に負けるので、V3にすがろうと購入したのですが・・・sweat02。検証の為に様々な条件での撮影が必要でしょうが、自宅前でのカメラレンズ撮影は一寸しんどいかなぁ・・・と思っています。

星が二重・・・は、単純にずっと様子を見ずに家内でぬくぬくしていた私が悪いので、今度は手抜きしないで撮影するようがんばります。

天候・・・確かに。でも千葉は意外と夜曇られますよ。冬型が強いと首都圏はおおむね晴れても千葉は曇り、なんてこと結構あります。

投稿: りょーじん@船橋 | 2008年11月25日 (火) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表参道にて Part.2 | トップページ | 輝星、競い合う »