« 終焉の時 | トップページ | Astronomy Tools »

2008年3月 9日 (日)

2ヶ月ぶりの撮影

Comp_6_dg_5_si5  昨晩、2ヶ月ぶりに望遠鏡を持ち出して撮影しました。今回は250RC+NJPの組み合わせ。狙うや系外星雲、球状星団・・・。

 天気は快晴、予報もバッチリ、ただセッティング時に冷たい南風・・・嫌な予感が・・・sweat02 暗くなる頃にはピタッと止んでしまいました。セッティングも段取りが悪くてなかなか進まず・・・すると21時頃にほぼ一面くもりの状態に・・・orz

 撮影を再開したのは結局夜半前。その後もST-4の結露、赤緯のオートガイドが安定しない、などバタバタで夜が明けてしまいました。あ~あsad

 M51、もう少し写るかと思ったけど、空がネムネム・・・Iso1600で10minが限界、これ以上かけたら星雲が消えちゃう・・・子午線超えちゃった・・・あ~・・・で結局10min×6コマで終了。光害の中とは言え、これじゃ、ねぇ・・・wobbly

ASTROSIB250RC + NJP TEMMA2 + ST-4

EOS Kiss-DX(normal) + LPS-P2  Iso1600 10min x 6

|

« 終焉の時 | トップページ | Astronomy Tools »

天体撮影」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。露光時間が足りないとしても長焦点らしい、しっかりしたM51の画像だと思います。普通デジカメだと回転部のしわしわが余り出ないですが、良く出ていますね。お持ちのRC砲なら、デジカメでもこのような系外銀河を対象にするのは良いですね。

投稿: ぐりぐり | 2008年3月14日 (金) 12時25分

ぐりぐりさん、こんばんは。書き込み有り難うございます。

もう何年も前に銀塩で撮って以来、久々に望遠鏡を向けました。系外星雲なら、対象によってはノーマルでもある程度撮れるだろう・・・という考えの基に撮ったわけですが・・・。本当はIso800で20~30分×4コマを考えていたのですが、段取りの悪さで中途半端な撮影に終わってしまいました。ただ、Iso1600でもRCなら15分くらいまでは飽和しないでいけそうな感じがしました。

これから暫くは系外星雲の撮り時ですね。ぐりぐりさんはもう数作品撮られているようですね。ガイドも安定しているようで何よりです。私も銀塩時代の再履修が沢山あるのですが・・・さて、何回くらい出す気になるかな?(爆!)

投稿: りょーじん@船橋 | 2008年3月15日 (土) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終焉の時 | トップページ | Astronomy Tools »