« つまらない天文ネタですが・・・ | トップページ | つまらない天文ネタPart.2 »

2007年3月11日 (日)

あら!ダメだったのねぇ~(^^;;

App01_80 2月23日のブログコメント内で一寸書いたことなのですが、とあるテスト撮影をしまして、結局曇られて成果ゼロ、ピントが出ることが確認できただけ・・・疲れた、と書いたのですが、昨日改めて見てみるともう一つ成果がありました。

App02_43 テスト撮影の内容は、[FC76+BORGスーパーレデューサー6x7S F5.0]という銀塩用撮影システムにさらに[KENKO CLOSE UP LENS AC2]を足して(カメラ前のべんりだーの中にねじ込み)F4.1相当にしたシステムをKiss-D(改)で撮影する、というものでした。昨年[FC76+AC2 F6.6]システムはF値を明るくして、かつ周辺星像も改善されて良い結果となったので、さらにF値を明るくできないか?そんな考えから試したものです。

 で、実際曇られてピントが出た他に全く収穫無しかと思っていたのですが、60secの一コマでえらいことがわかりました。1つ目の画像がそうですが、周辺の星像がものの見事に放射状に・・・こりゃ使えんわ、残念~!

 今にして考えると、スーパーレデューサーで補正したものにフラットナー効果のないAC2をつけたら補正が帳消しになるわな・・・ということで、再試験不要。F値改善計画は失敗に終わりましたとさ。

|

« つまらない天文ネタですが・・・ | トップページ | つまらない天文ネタPart.2 »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つまらない天文ネタですが・・・ | トップページ | つまらない天文ネタPart.2 »