« 快速「SLちばDC号」 | トップページ | Norton Internet Security 2007 »

2007年2月 9日 (金)

本埜村白鳥の郷

App01_70 6日から8日まで実家に行っていたのですが、中日の7日、天気もそこそこ良かったので、本埜村白鳥の郷に行って来ました。

 ちなみに本埜村とは、千葉県の北部、印旛沼の北に位置します。数年前よりテレビ等で白鳥が飛来するようになったと報道されていたので、一度見に行きたいなぁ・・・と思っていました。

App02_36 指定の駐車場に車を止めて白鳥の待つ飛来地へと歩を進めたのですが、辺り一面水のない水田・・・白鳥はいるの?と不安になりましたが、暫くするとそれらしき姿とそれを見つめる人々が見えてきて安心しました。

 今年は暖冬の為か、数十羽とのことでしたが、やはりそんな感じでした。白鳥が飛来できるよう、部分的に水を張っているようです。本埜村のHPによると、平成4年の冬に6羽の白鳥が田んぼのため池に飛来したことから、農地を借りて水を張り、餌付けを始めて今日に至っているそうです。昨年の冬は1300羽も飛来したそうです。見たかったですね・・・。

App03_13 この日、朝は一羽もいなかったそうですが、私たちが行った午後は集まってきてくれていました。警備の方にラッキーだね、と言われました。本当にラッキーでした。

 おまけにそのうちの20羽ほどは飛び立って空を一週してくれました。突然のことであまりうまくは撮れませんでしたが、テイクオフから3コマを載せてみました。

App04_4 フィルムは当初天体用に取っておいたG400ACEを使いました。色、感度に問題は無かったと思いますが、やはり粒子の粗いのが気になりますね。やっぱりポジにしておけば良かったかな?

| |

« 快速「SLちばDC号」 | トップページ | Norton Internet Security 2007 »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

家の近くに白鳥が来ていたなんて、全く知りませんでした・本埜村の空き地でも時々、星を撮影していますので今度見に行こうと思います。白鳥っていつも水の上で優雅に泳いでいるイメ-ジですが、秋田の鶴岡に仕事で泊まったときは、収穫の終わった水田跡で落ち穂をせっせと飛べていました。毎日田んぼを集団で移動しているそうです。立っているときの白鳥、ちょっとかっこ悪かったです(笑)

投稿: YASU | 2007年2月13日 (火) 12時55分

YASUさん、こんにちは。

あれ?ご存じありませんでしたか?何回かTVで報道されていました。詳しくは本埜村のHPでご覧下さい。水田跡の水のない部分にいた白鳥は確かにちょっと違和感がありましたが、そこから駆けだして空に舞う姿はなかなか感動でした。今年は暖冬なので、ご覧になるのであれば早いほうがよろしいかと思います。

投稿: りょーじん@管理人 | 2007年2月13日 (火) 15時04分

りょーじんさん、こんばんわ。
私は白鳥って実は本物を見たことがほとんどありません。
こういうふうに何羽もいるところを見てみたいです。
でも地球温暖化が進んでしまったら、千葉県では暖かすぎて白鳥が飛来しなくなってしまう、なんてことになってしまうのでしょうか?
そんなことにならないことを祈りたいです。

投稿: こうち | 2007年2月16日 (金) 20時57分

こうちさん、こんばんは。

私も一度に白鳥を何十羽見たのは初めてかもしれません。あっても白鳥のみというのは無く、カモなどに混じって・・・という程度だと思います。

地球温暖化・・・少なからず影響はあるのでしょうね。厳冬だった昨年は1300羽と本埜村のHPにありましたので、暖冬の今年に数十羽というのは自分なりにうなづけました。元々千葉県は暖かい部類に入りますから、白鳥飛来と言うだけでも凄いことなのだと思います。地元の方々のご苦労あっての今日だと思います。

投稿: りょーじん@管理人 | 2007年2月17日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 快速「SLちばDC号」 | トップページ | Norton Internet Security 2007 »