« 夕暮れ | トップページ | 三日月が綺麗です »

2006年12月16日 (土)

超地元ネタですが・・・

Ca12163_1  超地元ネタなのですが、先月、京成電鉄・京成船橋駅~大神宮下~船橋競馬場駅間の高架線への切り替えが無事終了したので歩いて見に行ってきました。

 鉄道の高架線への切り替えは、あちこちで行われているので、特別珍しくないのですが、冒頭の写真にある、京成船橋駅横にあった踏切には、思い出があるんです。 今でこそ、写真のように車が左右スムーズに走っていますが、ここは開かずの踏切で有名でした。写真の右方向にJR船橋駅のロータリーがあるのですが、昔はそこに車でたどり着くのは本当に大変でした。

 私は船橋市東船橋の出身です。現在でいうとJR東船橋駅の南側付近です。幼稚園年長の途中まで住んでいました。当時、東船橋駅はなく、国鉄津田沼駅~国鉄船橋駅間を京成バスが走っており、両親に連れられて、そのバスにのって船橋駅近辺のデパートによく行ったものです。

 ですが、もうすでに京成船橋駅横の踏切は開かずの踏切で有名で、交通渋滞でバスは一向に進まず、駅の遙か手前でバスの運転手が「歩いた方が早いのでここで降りてください」と言って、よく降ろされたのを覚えています。踏切も手動操作で、踏切のすぐ横に詰所があって、上げたと思ったら下げて、また上げたと思ったら・・・の繰り返し。とにかく大変だったんです。Ca12161

 あれから三十数年を経て、念願の鉄道高架化完了。この日を出身地である船橋市民の一人として迎えるとは思いませんでした。とにかく邪魔な踏切でしたが、いざ無くなるとちょっと寂しいような・・・人間って勝手ですね。

 写真のようにまだレールが残っているところもありました。何か哀愁を感じてしまいました。

|

« 夕暮れ | トップページ | 三日月が綺麗です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。 ローカルネタに反応してしまいました・・。
そうですかぁ。ついに高架線になったんですね。私は15、6年前から船橋市民になって、その頃クルマで職場に通うのに大神宮下の踏切を通っていたのですが、あそこもよく混んでました。でも船橋駅前の踏切は開かないですよね~。 
・・・7年位前に職場が変わってそれからあまり通らなくなりましたが、もう高架線になってしまったんですね。 そのうち高架線になった京成電車に乗ってみたいです。

投稿: Legacy | 2006年12月17日 (日) 18時27分

Legacyさん、大変ご無沙汰致しております。ローカルネタにご参加有り難う御座います。m(_ _)m

>ついに高架線になったんですね。
 そうなんです。もう踏切渋滞は無いんですね~。そう、大神宮下の踏切もよく混んでましたよね。まだまだ車の少ない三十数年前から混雑していたのですから、近年はものすごかったんでしょうね。
 高架線の完成も長い年月かかりましたね。佐倉の実家にいた頃、JRの終電に間に合わなかったとき、よく京成船橋駅で京成に乗り換えて帰りましたが、まだその頃は工事中で、いつ出来るのかなぁ・・・とよく思っていたものです。

>そのうち高架線になった京成電車に乗ってみたいです。
 下りはまだありませんが、上りは大神宮下から京成船橋まで乗りました。なかなか景色がよかったですよ。

投稿: りょーじん@管理人 | 2006年12月17日 (日) 21時42分

りょーじんさん、お元気ですか?
この記事には私も同感です。
自宅を走る目黒線は、以前目蒲線といったのですが、続々と地下駅化が進んでおり、もちろん踏み切りもなくなって、風景が一変しています。
そうなってみると、便利さもさることながら、何か失われた風景を思ってしまいます。
確かに勝手なものだなと思いますが。

投稿: ぐりぐり | 2006年12月22日 (金) 16時22分

ぐりぐりさん、ご無沙汰致しております。体調はこのところの天気のようにぱっとしません。自分で自分にイライラしたりしてます。

目黒線ですか、私が入社した頃はまだ地上駅でしたね。駅舎やホーム上屋も老朽化していましたが、地下化含めて順次新しくしているようですね。

鉄道が地下に消えると相当風景が一変するのでしょうね。今までの風景は失われてしまいましたが、いろんな意味で良い風景に変貌を遂げてくれると良いですね。

投稿: りょーじん@管理人 | 2006年12月22日 (金) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れ | トップページ | 三日月が綺麗です »